腰痛の原因には、どんなものがあるのでしょうか。 腰痛の原因にはいくつかあるのですが、やはり一番多いのが高齢者の腰痛です。 高齢者の腰痛の主な原因は、加齢による筋力の低下です。 高齢者に限らず、運動不足などで筋力が低下すれば腰痛になりますし、逆に、運動しすぎて筋肉疲労を起こすと腰痛になってしまうこともあります。 例えば、いきなり腰に負担のかかる運動をしたり、重い荷物を運んだりすると、筋肉疲労から腰痛が起こってしまうでしょう。 それ以外にも、妊娠中の女性は胎児によって体重が増え、大きく突き出したお腹のバランスを取るために体を反らせて過ごすことになりますから、腰への負担がかかって腰痛を引き起こしやすくなります。 また、体の歪みが原因で腰痛になることもありますし、血行不良が原因で腰痛になることもあるのです。 特に、日々パソコンに向かってデスクワークをしている人などは、どうしても体が歪みやすくなるでしょう。 それに、長時間同じ姿勢で仕事をしていると、血行も悪くなってしまいます。 時には、精神的なストレスが原因で腰痛になることもありますから、腰痛の原因は本当に人それぞれなのです。